カリキュラム・科目詳細

理科

理科

おもに理系・文系で授業が分かれています。いずれの場合も、基礎シリーズでは、基本事項と基本解法の習得を目指します。完成シリーズでは、一度学習した内容について、問題演習を通して思考力・応用力を養成します。年間で、履修範囲に2回取り組むことで、学習内容の確かな定着と深い理解を実現するカリキュラムです。理系のテストは、おもに基礎シリーズでは各教科①②の後追いで学習内容の定着を確認し、完成シリーズでは分野を横断的に扱い、思考力や実戦力を身につけます。

主な受講例

  • ※実施講座は校舎によって異なります
左右にスクロールできます
理科科目受講例

\Pick up!/

物理T

T(トップレベル)

東大・京大・医学科等の難関大、学科志望者を対象。基礎シリーズ中に物理の重要事項を体系的に整理・理解。完成シリーズからは難度の高い問題演習を中心に授業を行い、入試突破に必要な高度な思考力・応用力を養成します。

化学

標準

化学の基礎概念と基本法則の理解、国公立大二次試験・私立大入試に必要な実践力の養成を目標とします。テキストは講ごとに重要事項を整理して配置しているので、効率的に知識を獲得できます。また、過去の入試問題から厳選した演習問題を通して、実戦力を鍛えます。

共通テスト理科基礎(物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎)

共通テストで問われる知識を体系的に取りまとめた解読部分と、その知識を定着させるための演習問題とで構成されています。共通テスト特有の新傾向問題にも取り組みます。

先輩の
勉強法

  • 物理のテキスト演習編を繰り返し解いた
    「苦手な分野を繰り返し解く。予備校のテキストは全分野をくまなく学習できるので、二回以上解いた。」など、特に物理のテキストは繰り返し解いたという声が多い。
  • あいまいな点は講師に積極的に質問
    「ささいな疑問でも積極的に質問に行った(物理)。」「まず自分で資料集を見て考えて、それでもわからない場合は先生に質問(生物)」など、理解があいまいな点は、授業の前後に講師に質問することにしていた先輩も多い。

講師
Pick up!

物理講師
佐倉 正樹(物理)
生活の中で理科はたくさん役立っています。それを知れば、人類の英知に感嘆することでしょう。それが学習意欲になるのです。知ることの喜びを感じてほしいと思います。